pgdp2223-tests - WS22/23のTUMでのPGdP演習のためのJUnitテストのコレクション

(Collection of JUnit Tests for PGdP exercises at TUM in WS22/23)

Created at: 2022-09-13 19:49:50
Language: Java
License: MIT

:タイトル:PGDP2223-テスト :d説明:PGdP演習のテストケース :キーワード: ジャワ, タム, PGDP, 学生 :著者:マクシミリアン・アンジンガー :revremark: :ショータイトル: :sectnums: :目次: 前文 :トクレベル:3 :アイコン:フォント[いっしょん:ふぉんと

:所有者:マクシミリアンアンジンガー :リポジトリ:GAD2223-テスト

= PGdP 22/23 - テスト

これは、WS22/23 の TUM での PGdP 演習のための JUnit テストを収集するためのリポジトリです。これらのテストは学生によって学生のために書かれており、公式コースの一部ではありません。

== 法的地位

Es ist alles erlaubt, was die Lösung nicht verrät.

いわゆるÜbungsleitungは、このリポジトリに注目します。しかし、テストが宿題の解決策を明らかにしない限り、このリポジトリはそれらを許容します。ソリューションが明らかにされないようにするには、テストを入力/出力テストのみにする必要があります。

さらに、テストの正確性を保証するものではありません。Übungsleitungも他のチューターも独自のテストを提供しません。私たち(マクシミリアン・アンツィンガー、ヨハネス・シュテーア、ゲオルク・ヘニング、コンラート・ゲスマン、ロビン・マルチャート、オリバー・シュペヒト、アントン・クルーゲ)は、解決策を明らかにするテストがないことを確認します。正確性を検証し、必要に応じてバグを報告したり、仲間の学生に修正を提供/貢献したりするのはあなた自身の責任です。

.例

そうです: [ソース、ジャワ]

テスト領域の計算 整える 長方形 r1 = 新規 長方形(長さ: 4、幅: 4) Act & Assert assertEquals(16, r1.calculateArea());

悪い!: [ソース、ジャワ]

テスト領域の計算 整える 長方形 r1 = 新規 長方形(長さ: 4、幅: 6) Act & Assert 長さ*幅// <を使用して計算する - 解を明らかにする assertEquals(4*6, r1.calculateArea());<--解決策を明らかにする

== 使用方法

.このリポジトリのクローンを作成する + [ソース、シェル]

git クローンhttps://github.com/MaximilianAnzinger/pgdp2223-tests.git

.更新プログラムを確認する + [ソース、シェル]

ギットプル

.ディレクトリ内のファイルを、srcフォルダ内ではなく、リポジトリのルートにコピーします +または、以下のシンボリックリンクの手順を使用してください。

test

.IDE(IntelIJやEclipseなど)が追加したファイルを認識していることを確認してください

.JUnitはすでに含まれているはずです。JUnitをプロジェクトに含めない場合は、テストファイル内の赤い下線付きの@Test注釈の1つで赤い電球(またはIntelIJ)を押します。

ALT + ENTER

.それらをあなたのアルテミスgitリポジトリに追加しないでください(それはすでにあなたの.gitignoreにあるはずです)

.テストを実行し、間違いを確認します

.重要な注意事項 これは学生主導のプロジェクトであるため、間違いが発生する可能性があることに注意してください。テストが間違っていると思われる場合は、問題を開いてください(簡単です!バグを修正するには、https://github.com/MaximilianAnzinger/pgdp2223 テスト/問題['問題']に次の情報を追加してください。

  • オペレーティング システム
  • IDE (IntelIJ, Eclipse, ...)
  • 間違い/エラーはどこにありますか
  • 宿題の指示の引用

.シンボリックリンクの使用方法(上級ユーザーのみ!ウィンドウズ:

これは、管理者として実行するコマンドラインで実行する必要があります。 [ソース、シェル]

$ mklink /d \path\to\artemis-repository\test\pgdp \path\to\test-repository\aufgabe\test\pgdp

Linux/MacOS:

[ソース、シェル]

$ ln -s /path/to/test-repository/aufgabe/test/pgdp /path/to/artemis-repository/test/pgdp

== 貢献する方法

.Fork Repository (https://docs.github.com/en/get-started/quickstart/fork-a-repo#forking-a-repository[GitHubDocumentation]) .'/test/'' の下にテストを追加/編集する .解決策や宿題のコードが明らかになっていないことを確認します。フォークリポジトリにコミットしてプッシュする .このリポジトリへのプルリクエストを開く (https://docs.github.com/en/pull リクエスト/プルリクエストとのコラボレーション/プルリクエストを使用した作業の変更の提案[GitHubドキュメント]) .変更がマージされるまで待ちます

== 貢献者 [#img寄稿者] [リンク=https://github.com/MaximilianAnzinger/pgdp2223-tests/graphs/contributors] 画像::https://contrib.rocks/image?repo=MaximilianAnzinger/pgdp2223 テスト[寄稿者]

== 役立つリンク

.テストhttps://github.com/LadnerJonas/PGdP-テスト-WS21-22 [PGDPWS 21/22] (昨年のテストケースは役立つガイドライン/インスピレーションかもしれません) .テストhttps://github.com/MaximilianAnzinger/gad2022 テスト#readme[GAD2022](後期コースのテストケース) .https://junit.org/junit5/docs/current/user ガイド/#writingテストを使用したテストの作成[JUnit5] .https://www.atlassian.com/de/git/tutorials/learn-git with bitbucket-cloud[Git]の使い方。https://docs.github.com/en/get-started/quickstart/hello-world の使い方[GitHub]

== お問い合わせ

Zulip経由でお気軽にお問い合わせ(Maximilian Anzinger, Johannes Stöhr, Georg Henning, Konrad Gößmann, Robin Marchart, Oliver Specht, Anton Kluge)が、事前にhttps://www.google.com/[google]の使用を検討してください。