dotfiles - vim、zsh、git、および tmux 構成ファイルのセット。

(A set of vim, zsh, git, and tmux configuration files.)

Created at: 2011-01-14 06:34:40
Language: Shell
License: NOASSERTION

思考ボットのドットファイル

促す

要件

zsh をログイン シェルとして設定します。

chsh -s $(which zsh)

インストール

ラップトップにクローンします。

git clone git@github.com:thoughtbot/dotfiles.git ~/dotfiles

(または、フォークして、フォークを最新の状態に保ちます)。

rcmをインストールします。

brew install rcm

ドットファイルをインストールします。

env RCRC=$HOME/dotfiles/rcrc rcup

rcup
最初のインストール後、ワンタイム変数
RCRC
を設定せずに実行できます(将来の の実行のために、
rcup
リポジトリを にシンボリック リンクします)。例を参照してください
rcrc
~/.rcrc
rcup

このコマンドは、ホーム ディレクトリに構成ファイルのシンボリック リンクを作成します。環境変数を設定すると、標準の構成オプションを使用するように

RCRC
指示されます。
rcup

  • README.md
    README-ES.md
    およびファイルはリポジトリ
    LICENSE
    の一部
    dotfiles
    ですが、シンボリック リンクする必要はありません。
  • デフォルトで配置されている個人的な上書きを優先します
    ~/dotfiles-local
  • rcrc
    別のディレクトリで個人的な上書きを行いたい場合は、ファイルを構成してください

アップデート

時々、これらのドットファイルへの更新をプルダウンして実行する必要があります

rcup

新しいファイルをリンクし、新しい vim プラグインをインストールします。プラグイン内のすべてのファイルが適切にインストールされていることを確認するために、プル後に実行 する必要がありますが、安全に複数回実行できるため、早期に更新し、頻繁に更新してください。

rcup
rcup

独自のカスタマイズを行う

個人的なカスタマイズ用のディレクトリを作成します。

mkdir ~/dotfiles-local

カスタマイズを

~/dotfiles-local
追加して入れます
.local

  • ~/dotfiles-local/aliases.local
  • ~/dotfiles-local/git_template.local/*
  • ~/dotfiles-local/gitconfig.local
  • ~/dotfiles-local/psqlrc.local
    .psqlrc.local
    (エラーがスローされないように空白を
    psql
    指定しますが、独自のコピーでファイルを上書きする必要があります)
  • ~/dotfiles-local/tmux.conf.local
  • ~/dotfiles-local/vimrc.local
  • ~/dotfiles-local/vimrc.bundles.local
  • ~/dotfiles-local/zshrc.local
  • ~/dotfiles-local/zsh/configs/*

たとえば、次の

~/dotfiles-local/aliases.local
ようになります。

# Productivity
alias todo='$EDITOR ~/.todo'

次の

~/dotfiles-local/gitconfig.local
ようになります。

[alias]
  l = log --pretty=colored
[pretty]
  colored = format:%Cred%h%Creset %s %Cgreen(%cr) %C(bold blue)%an%Creset
[user]
  name = Dan Croak
  email = dan@thoughtbot.com

次の

~/dotfiles-local/vimrc.local
ようになります。

" Color scheme
colorscheme github
highlight NonText guibg=#060606
highlight Folded  guibg=#0A0A0A guifg=#9090D0

の vim プラグインのデフォルト セットから vim プラグインをインストールしたくない場合 は

.vimrc.bundles
、.
UnPlug
~/.vimrc.bundles.local

" Don't install vim-scripts/tComment
UnPlug 'tComment'

UnPlug
プラグインの独自のフォークをインストールしたり、さまざまなカスタム オプションを使用して共有プラグインをインストールしたりするために使用できます。

" Only load vim-coffee-script if a Coffeescript buffer is created
UnPlug 'vim-coffee-script'
Plug 'kchmck/vim-coffee-script', { 'for': 'coffee' }

" Use a personal fork of vim-run-interactive
UnPlug 'vim-run-interactive'
Plug '$HOME/plugins/vim-run-interactive'

フックを拡張するに

git
は、実行可能なスクリプトを
~/dotfiles-local/git_template.local/hooks/*
ファイルに作成します。

次の

~/dotfiles-local/zshrc.local
ようになります。

# load pyenv if available
if which pyenv &>/dev/null ; then
  eval "$(pyenv init -)"
fi

次の

~/dotfiles-local/vimrc.bundles.local
ようになります。

Plug 'Lokaltog/vim-powerline'
Plug 'stephenmckinney/vim-solarized-powerline'

zsh 構成

追加の zsh 構成は、

~/dotfiles-local/zsh/configs
ディレクトリの下に配置できます。
pre
これには、最初にロードする必要がある
post
ファイル用と最後にロードする必要があるファイル用の2 つの特別なサブディレクトリがあります。

たとえば

~/dotfiles-local/zsh/configs/pre/virtualenv
、設定の影響を受ける可能性のあるさまざまなシェル機能を利用するため、最初にロードします。

# Load the virtualenv wrapper
. /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh

キー バインディングの設定は、次の場所で行うことができます

~/dotfiles-local/zsh/configs/keys

# Grep anywhere with ^G
bindkey -s '^G' ' | grep '

のようないくつかの変更は、

chpwd
で行う必要があり
~/dotfiles-local/zsh/configs/post/chpwd
ます。

# Show the entries in a directory whenever you cd in
function chpwd {
  ls
}

このディレクトリは、複数のチームのドットファイルを組み合わせるのに便利です。

virtualenv
1 つのチームがファイルを追加し、別のチームが を追加し
keys
、3 番目のチームが
chpwd
.

はの

~/dotfiles-local/zshrc.local
後にロードされ
~/dotfiles-local/zsh/configs
ます。

vim 構成

上記の zsh 構成ディレクトリと同様に、vim は

~/dotfiles-local/vim/plugin
ディレクトリ内のすべてのファイルを自動的にロードします。
pre
これには、私たちが持っているのと同じまたは
post
サブディレクトリのサポートがありません
zshrc

これは一例

~/dotfiles-local/vim/plugin/c.vim
です。ファイル名に関係なく、vim が起動するたびに読み込まれます。

# Indent C programs according to BSD style(9)
set cinoptions=:0,t0,+4,(4
autocmd BufNewFile,BufRead *.[ch] setlocal sw=0 ts=8 noet

何が入ってるの?

vim構成:

  • あいまいなファイル/バッファ/タグ検索用のfzf 。
  • gf
    and
    :A
    (alternate)、
    :Rextract
    パーシャル、
    :Rinvert
    マイグレーションなどを介した Rails ファイル構造のナビゲーションを強化するためのRails.vim 。
  • vim からさまざまな種類のテストを実行する
  • <leader>
    1 つのスペースに設定します。
  • スペースとスペースを使用して、最後の 2 つのファイルを切り替えます。
  • Markdown、HTML、JavaScript、Ruby、Go、Elixir などのシンタックス ハイライト。
  • 可能な場合は、Grep の代わりにAgを使用します。
  • <leader>ct
    ctags を再インデックス化するためにマップします。
  • バッファを書き込む前に存在しないディレクトリを自動的に作成するには、vim-mkdirを使用します。
  • プラグインの管理にはvim-plugを使用します。

tmux 構成:

  • 色の解像度を向上させます。
  • ステータス バーの管理上の残骸 (セッション名、ホスト名、時間) を削除します。
  • 接頭辞を設定
    Ctrl+s
  • ステータス バーの色を濃い緑色から明るい灰色に柔らかくします。

git構成:

  • create-branch
    機能ブランチを作成するためのエイリアスを追加します。
  • delete-branch
    フィーチャー ブランチを削除するためのエイリアスを追加します。
  • merge-branch
    フィーチャー ブランチをマスターにマージするためのエイリアスを追加します。
  • 機能ブランチ
    up
    に取得してリベースするためのエイリアスを追加します。インタラクティブなリベースに
    origin/master
    使用します。
    git up -i
  • post-{checkout,commit,merge}
    ctags のインデックスを再作成するためのフックを追加します。
  • ローカル構成に委譲する追加
    pre-commit
    prepare-commit-msg
    スタブ。
  • プロジェクトのディレクトリをに追加
    trust-bin
    するエイリアスを追加します。
    bin/
    $PATH

ルビー構成:

  • 信頼できる binstub を に追加し
    PATH
    ます。
  • ASDF バージョン マネージャーをロードします。

シェルのエイリアスとスクリプト:

  • b
    のために
    bundle
  • g
    引数なし は
    git status
    であり、引数あり は のように機能します
    git
  • migrate
    のために
    bin/rails db:migrate db:rollback && bin/rails db:migrate db:test:prepare
  • mcd
    ディレクトリを作成してそこに移動します。
  • replace foo bar **/*.rb
    指定されたファイルのリスト内で検索して置換します。
  • tat
    現在のディレクトリと同じ名前の tmux セッションにアタッチします。
  • v
    のために
    $VISUAL

ありがとう

寄稿者、ありがとう!また、Corey Haines、Gary Bernhardt など、このプロジェクトのアイテムのインスピレーションの源となったドットファイルやその他のシェル スクリプトを共有してくれたことに感謝します。

ライセンス

dotfiles は著作権 © 2009-2018 thinkbot です。これはフリー ソフトウェアであり、

LICENSE
ファイルで指定された条件の下で再配布することができます。

思考ボットについて

思考ボット

dotfiles は、thinkbot, Inc. によって維持および資金提供されています。thinkbot の名前とロゴは、thinkbot, inc. の商標です。

私たちはオープンソース ソフトウェアが大好きです。他のプロジェクトを参照してください。レンタル可能です。