telegraf - elegraf は、メトリクスを収集、処理、集計、および書き込むためのエージェントです。プラグイン システムに基づいて、コミュニティの開発者が追加のメトリック コレクションのサポートを簡単に追加できるようにします。

(The plugin-driven server agent for collecting & reporting metrics.)

Created at: 2015-04-02 00:28:44
Language: Go
License: MIT

テレグラフ

虎

助ける スラック ステータス サークルCI ゴドック Docker プル

Telegraf は、メトリクスを収集、処理、集計、および書き込むためのエージェントです。プラグイン システムに基づいて、コミュニティの開発者が追加のメトリック コレクションのサポートを簡単に追加できるようにします。プラグインには 4 つの異なるタイプがあります。

  1. 入力プラグインは、システム、サービス、またはサードパーティ API からメトリックを収集します
  2. プロセッサ プラグインは、メトリックを変換、装飾、および/またはフィルタリングします
  3. Aggregator プラグインは、集計メトリクス (平均、最小、最大、分位数など) を作成します。
  4. 出力プラグインはメトリックをさまざまな宛先に書き込みます

新しいプラグインはコントリビュートしやすいように設計されており、プル リクエストは歓迎されており、できるだけ多くのプル リクエストを組み込むように取り組んでいます。外部プラグインのリストも検討してください 。

最小要件

Telegraf は、Goと同じ最小要件を共有しています。

  • Linux カーネル バージョン 2.6.23 以降
  • Windows 7 以降
  • FreeBSD 11.2 以降
  • MacOS 10.11 El Capitan 以降

テレグラフの入手

バージョンごとの最新の更新と変更については、変更ログを参照してください。

バイナリのダウンロード

バイナリ ダウンロードは、InfluxData ダウンロード ページまたは各GitHub リリースページから入手できます。

パッケージ リポジトリ

InfluxData は、DEB と RPM の両方のダウンロードを含むパッケージ リポジトリも提供します。

deb ベースのプラットフォーム (Ubuntu や Debian など) の場合、次を実行してリポジトリ キーを追加し、新しい sources.list エントリをセットアップします。

# influxdb.key GPG Fingerprint: 05CE15085FC09D18E99EFB22684A14CF2582E0C5
wget -q https://repos.influxdata.com/influxdb.key
echo '23a1c8836f0afc5ed24e0486339d7cc8f6790b83886c4c96995b88a061c5bb5d influxdb.key' | sha256sum -c && cat influxdb.key | gpg --dearmor | sudo tee /etc/apt/trusted.gpg.d/influxdb.gpg > /dev/null
echo 'deb [signed-by=/etc/apt/trusted.gpg.d/influxdb.gpg] https://repos.influxdata.com/debian stable main' | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/influxdata.list
sudo apt-get update && sudo apt-get install telegraf

RPM ベースのプラットフォーム (RHEL、CentOS など) の場合、以下を使用してリポジトリ ファイルを作成し、telegraf をインストールします。

# influxdb.key GPG Fingerprint: 05CE15085FC09D18E99EFB22684A14CF2582E0C5
cat <<EOF | sudo tee /etc/yum.repos.d/influxdata.repo
[influxdata]
name = InfluxData Repository - Stable
baseurl = https://repos.influxdata.com/stable/\$basearch/main
enabled = 1
gpgcheck = 1
gpgkey = https://repos.influxdata.com/influxdb.key
EOF
sudo yum install telegraf

ソースからビルド

Telegraf には Go バージョン 1.18 以降が必要で、Makefile には GNU make が必要です。

Windows では、makefile はすべての makefile ターゲットをサポートするために bash ターミナルを使用する必要があります。Windows 用の bash を入手する簡単なオプションは、 git for windowsに付属のバージョンを使用することです。

  1. インストール Go >=1.18 (1.18.0 を推奨)

  2. Telegraf リポジトリを複製します。

    git clone https://github.com/influxdata/telegraf.git
  3. make build
    ソースディレクトリから実行

    cd telegraf
    make build

夜間ビルド

マスター ブランチから生成されたナイトリービルドを利用できます。

サードパーティのビルド

他のプラットフォームまたはパッケージ形式のビルドは、Telegraf コミュニティのメンバーによって提供されます。これらのパッケージは、Telegraf プロジェクトまたは InfluxData によってビルド、テスト、またはサポートされていません。サポートが必要な場合は、パッケージの作成者に連絡してください。

入門

使用法を参照してください:

telegraf --help

テレグラフ構成ファイルを生成する

telegraf config > telegraf.conf

cpu入力とinfluxdb出力プラグインのみが定義された構成を生成します

telegraf config --section-filter agent:inputs:outputs --input-filter cpu --output-filter influxdb

単一の telegraf コレクションを実行し、メトリクスを stdout に出力します

telegraf --config telegraf.conf --test

構成ファイルで定義されたすべてのプラグインで telegraf を実行します

telegraf --config telegraf.conf

テレグラフを実行し、CPU とメモリの入力、および influxdb 出力プラグインを有効にします。

telegraf --config telegraf.conf --input-filter cpu:mem --output-filter influxdb

プロジェクトに貢献する

Telegraf は MIT ライセンスのオープン ソース プロジェクトであり、コミュニティが大好きです。何かを修正するための最速の方法は、PR を開くことです。支援に興味がある場合は、貢献ガイドを確認してください。また、エンジニアリング チームに質問やコメントがある場合は、 Community SlackまたはCommunity Pageに参加してください。

Telegraf と InfluxDB をまったく初めて使用する場合は、InfluxDB 大学に無料で登録して、詳細を学ぶためのコースを受講することもできます。

ドキュメンテーション

最新のリリース ドキュメント

最新の開発コードに関するドキュメントについては、ドキュメント インデックスを参照してください。