engine-sim - リアルなオーディオを生成する燃焼エンジン シミュレーター。

(Combustion engine simulator that generates realistic audio.)

Created at: 2021-12-18 08:14:57
Language: C++
License: MIT

エンジンシミュレーター

代替テキスト

警告: プロジェクトは開発中であり、頻繁に変更されます


これは何ですか?

これは、エンジン オーディオを生成し、エンジン応答特性をシミュレートするために特別に設計された、リアルタイムの内燃エンジン シミュレーションです。これは科学的なツールではなく、エンジニアリングやエンジン チューニングの目的で正確な数値を提供することは期待できません。

インストール方法を教えてください。

これはコード リポジトリであり、ダウンロードやインストールに慣れている他のソフトウェアとは異なる場合があります (プログラミングに慣れていない場合)。アプリケーションのすぐに使用できるバージョンをダウンロードするには、リリース ページに移動し、最新のリリース (例:

v0.1.5a
) を見つけて、[アセット] をクリックし、名前が で始まる .zip ファイルをダウンロードします
engine-sim-build
。このファイルを解凍し、実行します
bin/engine-sim-app.exe
。その後、シミュレーターが正常に起動するはずです。

詳細が必要な場合は、よくある質問をご覧ください。

どうやって使うの?

UI は非常に最小限に抑えられており、エンジンとの対話に使用されるコントロールはわずかです。

キー/入力 アクション
イグニッションの切り替え
S スターターのホールド
D dyno を有効にする
H RPMホールドを有効にします(手順については以下を参照してください)
G + スクロール ホールド速度変更
フルスクリーンモードに入る
情報パネルに dyno 統計を表示する
シフト クラッチ (スペースバーを押したままにして、ゆっくりとオン/オフします)
上矢印 アップギア
下矢印 ダウンギア
Z + スクロール 音量
X + スクロール 畳み込みレベル
C + スクロール 高周波ゲイン
V + スクロール 低周波ノイズ
B + スクロール 高周波ノイズ
N + スクロール シミュレーション頻度
M ビューレイヤーを増やす
ビューレイヤーを減らす
エスケープ プログラムを終了します
Q、W、E、R スロットルポジションの変更
スペース + スクロール スロットルの微調整
1、2、3、4、5 シミュレーション タイム ワープ
タブ 画面変更

RPM ホールドの使用

RPM ホールド機能は、エンジンを特定の RPM に保持し、その RPM でのエンジンの馬力とトルクも測定します。キーを押すと、RPM ホールドを有効にでき

H
ます。次に、RPM ホールドを有効にするために動力計を有効にする(キーを押す) 必要があります。
D
ホールド速度を変更するには、
G
キーを押したままマウス ホイールでスクロールします。RPMホールドは
DYNO. SPEED
、画面左下のゲージに表示されます。

なぜコードはとてもずさんなのですか?

これは、実際の製品としてではなく、 YouTube ビデオでデモを行うために書きました。使用可能な製品にしたい場合は、私に連絡するか、私の Discord に参加してください (リンクは前述の YouTube ビデオの説明にあります)。私はこのコードベースを自分の目的のために使用しているため、警告なしに頻繁に変更される可能性があります。

どうすればそれを構築できますか? (開発者でない場合は、このセクションを無視してください!)

注: このプロジェクトは現在、Windows でのみビルドされます。

ステップ 1 - リポジトリのクローンを作成する

git clone --recurse-submodules https://github.com/ange-yaghi/engine-sim

ステップ 2 - CMake をインストールする

まだインストールされていない場合は、ここで CMake の最新バージョンをインストールします。

ステップ 3 - 依存関係をインストールする

次の依存関係をインストールする必要があり、CMake はそれらを見つけることができる必要があります (つまり、PATH にリストする必要があります)。

1. SDL2
2. SDL2_image
3. Boost (make sure to build the optional dependencies)
4. Flex and Bison

ステップ 4 - ビルドして実行する

プロジェクトのルート ディレクトリから、次のコマンドを実行します。

mkdir build
cd build
cmake ..
cmake --build .

これらの手順が成功すると、Visual Studio ソリューションが に生成され

build
ます。このプロジェクトを Visual Studio で開き、プロジェクトを実行できます
engine-sim-app
。DLL が見つからないというエラーが表示された場合は、これらの DLL を EXE のディレクトリにコピーする必要があります。