WebM-Maker-Thing-Idk - これは、アスペクト比を変更して WebM ファイルを作成できるシンプルなツールです。

(This is a simple tool to allow you to create WebM files with changing aspect ratios.)

Created at: 2022-07-30 13:43:39
Language: JavaScript
License: GPL-3.0

WackyWebM

WackyWebM は、アスペクト比を変更して WebM ビデオ ファイルを作成できるツールです。

問題がある場合、カスタム モードを共有したい場合、またはコミュニティから学びたい場合は、この readme の下部にある Discord に参加してください。

依存関係

  • NodeJS
  • FFmpeg
  • FFプローブ

NodeJS

インストールを開始するには、まず NodeJS をインストールする必要があります。NodeJS のダウンロードはここにあります。

その後、再起動を求められた場合は、再起動することをお勧めします。

FFmpeg

NodeJS をインストールしたら、次に FFmpeg をダウンロードする必要があります。FFmpeg をインストールするには、このリンクに移動し、緑色の [ダウンロード] ボタンを選択する必要があります。フォルダーを解凍し、ダウンロードに移動してから、名前を「ffmpeg」に変更します。

解凍したフォルダーを右クリックし、[切り取り] を選択して、この PC に直接移動し、C: ドライブに入り、そこに ffmpeg フォルダーを貼り付けます。

ffmpeg フォルダーを C: ドライブに移動した後、管理者でコマンド プロンプトを開き、これを実行します: setx /m PATH "C:\ffmpeg\bin;%PATH%" (何らかの理由でコマンド プロンプトを実行できない場合)管理者権限がある場合は、Windows キーを押して「アカウントの環境変数を編集」と入力し、Enter キーを押します。次に、「パス」をクリックし、「編集」をクリックしてから、「新規」をクリックして「 C:\ffmpeg\bin" を選択し、両方のウィンドウで [OK] をクリックしてください)。

次に、コマンド プロンプトに「ffmpeg」と入力します。エラーが発生した場合は、ログアウトして再度ログインし、コマンド プロンプト ウィンドウ内でもう一度 ffmpeg を実行する必要があります。エラーが発生しなければ、準備は完了です。それでもエラーが発生する場合は、コンピューターを再起動し、コマンド プロンプトに「ffmpeg」と入力してみてください。それでもうまくいかない場合は、この不和サーバーの #support でヘルプを得ることができます。

実行方法

GitHub リポジトリに移動し、緑色の [コード] ボタンを選択して WackyWebM フォルダーをダウンロードしたら、[ZIP をダウンロード] をクリックします。

ZIP が完全にインストールされたら、内部のフォルダーを解凍する必要があります。これを行った後、設定は完了です。

node wackywebm.js [mode] <file>
run.bat を実行せずに WackyWebM を使用するために使用します。

Windows を使用している場合は、wackywebm.js と同じフォルダーにある限り、run.bat をダブルクリックするだけです。

MacOS または Linux を使用している場合は、run.sh を実行できます。chmod +x run.sh で実行許可を与える必要があるかもしれません。

ファイルの生成方法を調整したい場合は、スクリプトを微調整することもできます。

-b を微調整して出力ファイルのビットレートを変更することもできます (デフォルトは 1M で、これは 1 MB/秒を意味します。ファイルが大きすぎる場合は、この値を下げることを検討してください。)

モード

Bounce
(デフォルト): ビデオは上下に跳ねます。

Shutter
: ビデオは左から右にバウンスします。

Sporadic
: ビデオに不具合が発生し、ランダムに揺れます。

Shrink
: ビデオは、わずか 1 ピクセルの薄さになるまで垂直方向に縮小されます。

AudioBounce
: ビデオの垂直方向の高さは、現在のオーディオ レベルとビデオ内の最高レベルを比較して変化します。

AudioShutter
: ビデオの水平方向の幅は、現在のオーディオ レベルとビデオ内の最高レベルを比較して変化します。

Jumpscare
: ビデオが小さく縮小され、指定されたフレームで大きくなります。

Keyframes
: ビデオの高さと幅は、引数として指定されたファイルに概説されているキーフレームの数に基づいて変化します。形式は次のとおりです。すべての行は、カンマで区切られた 4 つの値で構成されます。最初に、キーフレームのビデオの時間。秒を表す 1 つの整数、または .、:、または - のいずれかの文字で区切られた 2 つの整数のいずれかです。最初の文字は引き続き秒を表し、2 番目の文字はフレームを表します。次に幅、次にそのキーフレームの高さ (ピクセル単位) 最後に、次のキーフレームに向かって進むための補間 (現在、線形のみがサポートされています。) 上書きされない場合、0 フレームの暗黙的なキーフレームがビデオは線形補間とビデオの元のサイズで追加されます。このモードを使用するには、csv ファイルへのパスに -k を追加します。

さらに、バウンス + シャッターのように + 記号を使用して任意の 2 つのモードを組み合わせることができます。一方が幅のみを指定し、一方が高さのみを指定する場合、それらのそれぞれの値が使用されます。競合がある場合は、2 つのモードの後者の値が使用されます (したがって、Shrink+Bounce は Bounce と同じ効果になります)。

サポート

バグや問題に遭遇した場合、または推奨事項がある場合は、こちらから気軽に Discord に参加してください。Discord招待ウィジェット