oncall - 優れたSlack統合による開発者向けのインシデント対応

(Developer-friendly incident response with brilliant Slack integration)

Created at: 2022-06-01 22:05:22
Language: Python
License: AGPL-3.0

最新のリリース ライセンス Dockerプル スラック 討論 ビルドステータス

優れたSlack統合による開発者向けのインシデント対応。

  • 複数の監視システムからアラートを収集して分析する
  • スケジュールに基づくオンコールローテーション
  • 自動エスカレーション
  • 電話、SMS、Slack、電報通知

入門

制作開発者、趣味など、複数の環境を用意しました。

  1. docker-compose.yamlをダウンロードします:
curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/grafana/oncall/dev/docker-compose.yml -o docker-compose.yml
  1. 変数を設定します。
echo "DOMAIN=http://localhost:8080
SECRET_KEY=my_random_secret_must_be_more_than_32_characters_long
RABBITMQ_PASSWORD=rabbitmq_secret_pw
MYSQL_PASSWORD=mysql_secret_pw
COMPOSE_PROFILES=with_grafana  # Remove this line if you want to use existing grafana
GRAFANA_USER=admin
GRAFANA_PASSWORD=admin" > .env_hobby
  1. 打ち上げサービス:
docker-compose --env-file .env_hobby -f docker-compose.yml up --build -d
  1. 1回限りの招待トークンを発行します。
docker-compose --env-file .env_hobby -f docker-compose.yml run engine python manage.py issue_invite_for_the_frontend --override
  1. OnCallプラグイン構成に移動し(または構成->プラグインでOnCallプラグインを見つけます)、OnCallプラグインをOnCallバックエンドに接続します。
Invite token: ^^^ from the previous step.
OnCall backend URL: http://engine:8080
Grafana Url: http://grafana:3000
  1. 楽しみ!Grafana Cloudを介してSlack、Telegram、Twilio、またはSMS /通話を設定する場合は、 OSSドキュメントを確認してください。

コミュニティに参加する

参考文献