lede - Lean の OpenWrt ソース

(Lean's OpenWrt source)

Created at: 2017-09-06 15:39:03
Language: C
License: NOASSERTION

Lean の Openwrt ソースコード リポジトリへようこそ

必要な OpenWrt ファームウェアのコンパイル方法

公式ディスカッショングループ

技術的な問題について議論または交換する必要がある場合は、次のグループに参加してください。

  1. QQ ディスカッション グループ: Op ファームウェア技術研究グループ、番号 891659613、グループ リンクを追加:クリックして参加
  2. TG ディスカッション グループ: OP が公式グループをコンパイルし、グループ リンクを追加:クリックして参加

知らせ

  1. root としてコンパイルしないでください
  2. 国内ユーザーはコンパイル前にラダーを用意するのがベスト
  3. デフォルトのログイン IP 192.168.1.1 パスワード password

コンパイルコマンド

  1. 最初に Linux システムをインストールし、Debian 11 または Ubuntu LTS を推奨します

  2. 依存関係をインストールしてコンパイルする

    sudo apt update -y
    sudo apt full-upgrade -y
    sudo apt install -y ack antlr3 asciidoc autoconf automake autopoint binutils bison build-essential \
    bzip2 ccache cmake cpio curl device-tree-compiler fastjar flex gawk gettext gcc-multilib g++-multilib \
    git gperf haveged help2man intltool libc6-dev-i386 libelf-dev libglib2.0-dev libgmp3-dev libltdl-dev \
    libmpc-dev libmpfr-dev libncurses5-dev libncursesw5-dev libreadline-dev libssl-dev libtool lrzsz \
    mkisofs msmtp nano ninja-build p7zip p7zip-full patch pkgconf python2.7 python3 python3-pip libpython3-dev qemu-utils \
    rsync scons squashfs-tools subversion swig texinfo uglifyjs upx-ucl unzip vim wget xmlto xxd zlib1g-dev
  3. ソース コードのダウンロード、フィードの更新、構成の選択

    git clone https://github.com/coolsnowwolf/lede
    cd lede
    ./scripts/feeds update -a
    ./scripts/feeds install -a
    make menuconfig
  4. dl ライブラリをダウンロードし、ファームウェアをコンパイルします (-j の後にスレッド数が続きます。最初のコンパイルにはシングル スレッドをお勧めします)。

    make download -j8
    make V=s -j1

このコード セットは、正常にコンパイルされることが保証されています。IPK を含む R21 のすべてのソース コードが含まれています。

ご自由にお使いいただけますが、ソースコードのコンパイルの二次リリース用に、私の GitHub リポジトリへのリンクを示してください。ご協力ありがとうございます!

2 番目のコンパイル:

cd lede
git pull
./scripts/feeds update -a
./scripts/feeds install -a
make defconfig
make download -j8
make V=s -j$(nproc)

再構成が必要な場合:

rm -rf ./tmp && rm -rf .config
make menuconfig
make V=s -j$(nproc)

コンパイル後の出力パス: bin/targets

WSL/WSL2 でコンパイルする場合

WSL の PATH にはスペースを含む Windows パスが含まれているため、コンパイルに失敗する可能性があります。以下を追加し

make
てください。

PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin

macOS ネイティブ システム用にコンパイルする

  1. Xcode を AppStore にインストールする

  2. 自作をインストールします。

    /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  3. Homebrew を使用して、ツールチェーン、依存関係、基本パッケージをインストールします。

    brew unlink awk
    brew install coreutils diffutils findutils gawk gnu-getopt gnu-tar grep make ncurses pkg-config wget quilt xz
    brew install gcc@11
  4. 次に、次のコマンドを入力して、システム環境変数に追加します。

    echo 'export PATH="/usr/local/opt/coreutils/libexec/gnubin:$PATH"' >> ~/.bashrc
    echo 'export PATH="/usr/local/opt/findutils/libexec/gnubin:$PATH"' >> ~/.bashrc
    echo 'export PATH="/usr/local/opt/gnu-getopt/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
    echo 'export PATH="/usr/local/opt/gnu-tar/libexec/gnubin:$PATH"' >> ~/.bashrc
    echo 'export PATH="/usr/local/opt/grep/libexec/gnubin:$PATH"' >> ~/.bashrc
    echo 'export PATH="/usr/local/opt/gnu-sed/libexec/gnubin:$PATH"' >> ~/.bashrc
    echo 'export PATH="/usr/local/opt/make/libexec/gnubin:$PATH"' >> ~/.bashrc
  5. シェルの起動ファイルをリロードして、

    source ~/.bashrc
    bash シェルに入ると、 Linux のように正常にコンパイルできます。
    bash

特記事項

  1. ソース コードには、HTTPS を監視またはハイジャックできるバックドアやクローズド ソース ソフトウェアは含まれていません。SSL セキュリティは、インターネットの最後の障壁です。ファームウェアがすべきことは、安全でクリーンなことです。

  2. OpenWrt の開発を学びたいのですが、方法がわかりませんか? 独学で学ぶ気力はありますか?基礎が悪い?学ぶのが難しすぎることを恐れていますか?Zuo University の OpenWrt 開発入門トレーニング コースに従って、学習と成功を支援してください. 登録アドレス:クリックして登録

  3. QCA IPQ60xx オープン ソース ウェアハウスのアドレス: https://github.com/coolsnowwolf/openwrt-gl-ax1800

  4. アーカイブ バージョンの倉庫アドレス: https://github.com/coolsnowwolf/openwrt

ソフト ルーティングの概要

フレンドリーな推奨事項: 低消費電力、小型サイズ、および優れたパフォーマンスを備えた x86 / x64 ルーターを探している場合、ポニー v1 (N3710 4 ギガビット) のアルミニウム合金バージョンを検討することを個人的にお勧めします:ページの紹介

xm1 xm2

寄付

このプロジェクトが役に立ったと思われる場合は、プロジェクトの継続的な開発と改善を奨励するために寄付してください。

アリペイ微アリペイ微信