pinball - FlutterとFirebaseで構築されたGoogleI/O2022ピンボールゲーム

(Google I/O 2022 Pinball game built with Flutter and Firebase)

Created at: 2022-02-24 04:47:03
Language: Dart
License: MIT

I/Oピンボール

ピンボールヘッダー

io_pinball カバレッジ スタイル:非常に良い分析 ライセンス:MIT

Google I / O2022用のFlutterFirebaseで構築されたピンボールゲーム。

今それを試して、それがどのように作られているかを学びましょう。

Googleと提携してVeryGoodVenturesによって構築されました

非常に優れたCLIを使用して作成 🤖


入門🚀

目的のプロジェクトを実行するには、VSCode / Android Studioの起動構成を使用するか、次のコマンドを使用します。

$ flutter run -d chrome

* I / O Pinballは、デスクトップおよびモバイル用のWebで動作します。


テストの実行🧪

すべてのユニットテストとウィジェットテストを実行するには、次のコマンドを使用します。

$ flutter test --coverage --test-randomize-ordering-seed random

生成されたカバレッジレポートを表示するには、lcovを使用できます。

# Generate Coverage Report
$ genhtml coverage/lcov.info -o coverage/
# Open Coverage Report
$ open coverage/index.html

翻訳の操作🌐

このプロジェクトはflutter_localizationsに依存しており、Flutterの公式国際化ガイドに従います。

文字列の追加

  1. ローカライズ可能な新しい文字列を追加するには、で
    app_en.arb
    ファイルを開きます
    lib/l10n/arb/app_en.arb
{
    "@@locale": "en",
    "counterAppBarTitle": "Counter",
    "@counterAppBarTitle": {
        "description": "Text shown in the AppBar of the Counter Page"
    }
}
  1. 次に、新しいキー/値と説明を追加します
{
    "@@locale": "en",
    "counterAppBarTitle": "Counter",
    "@counterAppBarTitle": {
        "description": "Text shown in the AppBar of the Counter Page"
    },
    "helloWorld": "Hello World",
    "@helloWorld": {
        "description": "Hello World Text"
    }
}
  1. 新しい文字列を使用する
import 'package:pinball/l10n/l10n.dart';

@override
Widget build(BuildContext context) {
  final l10n = context.l10n;
  return Text(l10n.helloWorld);
}

翻訳の追加

  1. サポートされているロケールごとに、に新しいARBファイルを追加します
    lib/l10n/arb
├── l10n
│   ├── arb
│   │   ├── app_en.arb
│   │   └── app_es.arb
  1. .arb
    翻訳された文字列を各ファイルに追加します。

app_en.arb

{
    "@@locale": "en",
    "counterAppBarTitle": "Counter",
    "@counterAppBarTitle": {
        "description": "Text shown in the AppBar of the Counter Page"
    }
}

app_es.arb

{
    "@@locale": "es",
    "counterAppBarTitle": "Contador",
    "@counterAppBarTitle": {
        "description": "Texto mostrado en la AppBar de la página del contador"
    }
}