Microsoft-3D-Movie-Maker - これは、1995年にリリースされた元のMicrosoft3Dムービーメーカーのソースコードです。これはサポートされているソフトウェアではありません。

(This is the source code for the original Microsoft 3D Movie Maker released in 1995. This is not supported software.)

Created at: 2022-04-15 03:55:18
Language: SWIG
License: MIT

Microsoft3Dムービーメーカー

1995年にリリースされた、これはMicrosoft 3Dムービーメーカープロジェクトの元のソースコードであり、現在はMITライセンスの下でオープンソースとしてリリースされています。

3Dムービーメーカー

組み立て説明書

このプロジェクトが最新のハードウェア/ソフトウェアで正常にビルドされる可能性は低いですが、コンパイルを開始して、部分的に完成したバイナリを取得できます。これがあなたを動かすものです。ここまで進んでくれたMacSampleに感謝します!

  • このリポジトリが短い名前のフォルダにチェックアウトされていることを確認してください。理想的には、ドライブのルート(C:\ 3d)にあります。
  • パスには、Visual C ++ 2.0の開発ツール(インストーラーディスクのMSVC20 \ BINの下にあります)が必要です。最近のコンパイラは、C++98以前の規則のいくつかを嫌っています。
  • このリポジトリのルートから実行
    setvars.bat
    すると、このスクリプトの値を変更して、ビルドの対象を変更できます。
  • フォントファイルを見つけて配置します(FONTS.mdを参照) 。
  • nmakeを実行すると、3Dムービーメーカーの構築が始まります。

貢献

このリポジトリのソースファイルは履歴参照用であり、静的に保持され、このリポジトリはアーカイブされます。このリポジトリをフォークして実験してください。

コードのクリーンアップ

このコードは、Microsoftの企業アーカイブから復元され、リリースのためにクリアされました。

  • 開発者の名前とエイリアスは削除されました。ただし、元のリリースに取り組んでいて、名前を維持することに同意した現在の従業員は例外です。
  • アーカイブはいくつかのCDで構成されており、そのうちのいくつかは代替ビルドまたは製品用であり、除外されています
  • コードは今日のエンジニアリングツールではビルドされず、そのままリリースされます。

商標

このプロジェクトには、プロジェクト、製品、またはサービスの商標またはロゴが含まれている場合があります。Microsoftの商標またはロゴの許可された使用は、 Microsoftの商標およびブランドガイドラインの対象であり、従う必要があります 。このプロジェクトの修正バージョンでのマイクロソフトの商標またはロゴの使用は、混乱を引き起こしたり、マイクロソフトのスポンサーシップを暗示したりしてはなりません。サードパーティの商標またはロゴの使用には、それらのサードパーティのポリシーが適用されます。

このリポジトリには、1995年のArgonautソフトウェアのBRenderのビルドが含まれています。MITとしてのオープンソースBRenderの承認は、Argonautの前CEOであるJezSanからの電子メールで与えられました。他のバージョンのBRenderは、https://github.com/foone/BRender-v1.3.2およびhttps://github.com/foone/BRender-1997にあります。JezとBRenderチーム全体が、このすばらしい作業に尽力してくれたことに感謝します。エンジン。BRenderの貢献者の完全な履歴リストは、https://github.com/foone/BRender-v1.3.2/blob/main/README.mdで入手できます。

このリポジトリには、1992年のSoftImageSDK"./DKIT"は含まれていません。

Jezはまた、この興味深いBRenderの逸話を電子メールで提供しました。

When Sam Littlewood designed BRender, he didn’t write the code. And then document it.  
The way most things were built at the time.
First, he wrote the manual.  The full documentation
That served as the spec.  Then the coding started.