holoiso - このプロジェクトは、SteamDeckのHoloOSを一般的なインストール可能な形式にし、公式に近いSteamOSエクスペリエンスを再現しようとしています。

(SteamOS 3 (Holo) archiso configuration)

Created at: 2022-05-01 23:46:56
Language: Shell

画像

HoloISO

SteamOS 3(Holo)archiso構成。

はい、ガベ。SteamOSはトースターでうまく機能します。

このプロジェクトは、SteamDeckのHoloOSを一般的なインストール可能な形式にし、公式に近いSteamOSエクスペリエンスを提供することを目的としています。

よくある質問

  • これは公式ですか?

いいえ、しかしそれはそこまでの道の99%かもしれません。コードとパッケージはValveから直接のものであり、編集は一切可能ではありません。ISOは、QEMUインスタンス内で実行される公式のSteamDeckリカバリイメージに基づいて構築されています。

  • ISOが起動しませんでした、解決策はありますか?

現在、ISOは、 BalenaEtcherRosaImageWriterFedora Media Writer、4MBブロックサイズのDD、またはDDモードのRufusを使用してフラッシュされた場合にのみ起動します。

作業内容:

  • 起動する
  • SteamOS OOBE(Steam Deck UIファーストブートエクスペリエンス)
  • デッキUI(別セッション)
  • デッキUI(-gamepadui)
  • TDP/FPSの制限
  • グローバルFSR
  • シェーダーの事前キャッシュ
  • ユーザーの干渉なしにプラズマ/プラズマからデスクトップに切り替えます。
  • KDEプラズマ用のValve独自のVapor外観
  • スチームデッキパックマンミラー
  • かっこいいネオフェッチ?
  • システムアップデート

既知の問題点:

  • NVIDIAGPUはサポートされていません。

アトミックKMS、高速化されたXwayland、およびVulkan DMA-BUF拡張機能をサポートするまで、HoloISOでは正しく機能しません。

  • Intel GPU / iGPUは、Steam Deckセッションを起動するために、GamescopeとMESAのダウングレードが必要です。

詳細なガイダンスについては、この要点を参照してください。

インストールプロセス:

前提条件:

  • 4GBフラッシュドライブ
  • VulkanおよびVDPAUをサポートするAMDGPU
  • UEFI対応デバイス
  • セキュアブートを無効にしました

インストールの種類:

  • ベアボーン

OSのみのインストールは、バニラArchLinuxのインストールに似ています。

  • ゲームのみ*

前述のように、Steam Deck UIのみ(AMD GPUのみ、デスクトップなし)は、DEを出荷せず、SteamDeckUIのみがインストールされています。※この部分は現在改装中です。

  • デッキペリエンス

完全なSteamOS3エクスペリエンス、適切なセッションスイッチング、KDE ​​Plasma +メディアアプリ、およびChromiumがプリインストールされています。

インストール:

  • BalenaEtcher、DDモードのRufusを使用するか、次のように入力して、リリースからISOをフラッシュします。
    sudo dd if=SteamOS.iso of=/dev/sd(your flash drive) bs=4M status=progress oflag=sync
  • ISOで起動
  • 走る
    holoinstall
  • たとえば、から、
    sda
    または
    nvme0n1
    求められたときに、ドライブノードを入力します
  • お気に入りの温かい飲み物を飲んで、インストールされるまで待ちます:3

起動すると、Steam DeckのOOBE画面が表示され、そこからネットワークに接続し、Steamアカウントにログインします。そこから、電源メニューで[デスクトップに切り替える]を選択すると、KDEプラズマにシームレスに終了できます。 、そのように

スクリーンショット:

スクリーンショット_20220508_133916 スクリーンショット_20220508_133737 スクリーンショット_20220508_133746 スクリーンショット_20220508_133822 スクリーンショット_20220508_134038 スクリーンショット_20220508_134051

ノート:

この構成には、Valveのpacman.confリポジトリ、

holoinstall
スクリプト、および
holoinstall
インストール後のバイナリが含まれます。

この構成は、デフォルトのArchLinux再配布フレーバーであるrelengベースのISOを構築します。

ISOの構築:

次のコマンドを実行してビルドをトリガーします。

git clone https://github.com/bhaiest/holoiso/
sudo mkarchiso -v holoiso

終了すると、ISOが

out
フォルダで利用できるようになります。