complete-flutter-course - 完全なFlutterコースバンドル-Fluttereコマースアプリ

(Complete Flutter Course Bundle - Flutter eCommerce App)

Created at: 2022-02-14 22:04:48
Language: Dart
License: MIT

完全なフラッターコースバンドル-eコマースアプリ

これは、このコースの公式リポジトリです。

これには、Flutter&Firebaseを使用したフルスタックのeコマースアプリが含まれます。

eコマースアプリのプレビュー

アプリのFlutterWebプレビューはここにあります:

ドキュメントとFAQ

このプロジェクトには、次の場所にあるドキュメントWebサイトが含まれています。

FlutterFoundations-コースシラバス

1.イントロとプロジェクトの概要

  1. このコースで学ぶこと
  2. セクションの概要
  3. Flutter開発用のVSCodeショートカット、拡張機能、設定
  4. Slackチャンネルに参加する
  5. GitHubのコースプロジェクト
  6. スタータープロジェクトと
    pubspec.yaml
    概要をダウンロードする
  7. eコマースアプリの概要
  8. コードウォークスルー:プロジェクト構造
  9. Widget Inspector(DevTools)を使用したコードベースの探索
  10. UIデザインの原則:構成と再利用可能なウィジェットクラス
  11. レスポンシブデザインに役立つウィジェット
  12. アプリのローカリゼーション

2.GoRouterを使用したナビゲーション

  1. セクションイントロ
  2. ナビゲーター1.0の制限
  3. GoRouterのインストールと初期設定
    MaterialApp.router
  4. ルート、サブルート、ナビゲーション
  5. GoRouterHelper
    拡張と
    pageBuilder
  6. いくつかのルートを追加する
  7. パスによるルーティングと名前によるルーティング
  8. パラメータを使用したルーティング
  9. GoRouterエラー処理
  10. govspushでナビゲートする
  11. 残りのルートを追加する
  12. GoRouterでルートをポップする方法
  13. ネストされたナビゲーション
  14. 要約

3.Flutterアプリアーキテクチャ

  1. セクションイントロ
  2. 人気のあるアプリアーキテクチャ:MVC、MVP、MVVM、クリーンアーキテクチャ、ブロック
  3. Controller-Service-Repositoryパターンを使用したRiverpodアプリアーキテクチャ
  4. プロジェクト構造:機能優先とレイヤー優先
  5. リポジトリパターンとデータレイヤー
  6. 「偽の」製品リポジトリをシングルトンとして実装する
  7. FutureおよびStreamベースのAPIの操作
  8. 要約

4. Riverpodによる状態管理-パート1(製品リスト)

  1. セクションイントロ
  2. Riverpodの紹介
  3. Riverpodのインストールとセットアップ
  4. 最初のプロバイダーの作成
  5. ConsumerWidget
    および_
    Consumer
  6. 、、および
    FutureProvider
    _
    StreamProvider
    AsyncValue
  7. AsyncValue
    遅延を追加してテストする
  8. family
    修飾子_
  9. 修飾子
    autoDispose
    +高度なデータキャッシュオプション
  10. AsyncValueWidget
    再利用可能なヘルパーの作成
  11. まとめ+エクササイズ

5. Riverpodによる状態管理-パート2(認証フロー)

  1. セクションイントロ
  2. 偽の認証リポジトリの実装
  3. 抽象クラスを使用したリポジトリの作成(オプション)
  4. イントロ:RxDartを使用したリアクティブメモリ内ストア
  5. InMemoryStore
    RxDartを使用した実装
  6. InMemoryStore
    での使用
    FakeAuthRepository
  7. でにアクセス
    FakeAuthRepository
    する
    ref.read()
    AccountScreen
  8. を使用して最初のコントローラーを作成する
    StateNotifier
  9. ウィジェットの
    StateNotifier
    内部を使用する
    AccountScreen
  10. プロバイダーの状態変化をリッスンする
    ref.listen()
  11. バグ修正
    Navigator.pop
  12. AsyncValue.guard
    方法_
  13. AsyncValue
    拡張メソッドの追加
  14. を使用し
    authStateChangesProvider
    HomeAppBar
  15. メールとパスワードのサインイン画面の概要
  16. Dartで不変の状態クラスを生成する方法
  17. AsyncValue
    内部を使用する
    EmailPasswordSignInState
  18. の実装
    EmailPasswordSignInController
  19. EmailPasswordSignInController
    ウィジェットクラスでの使用
  20. バグ修正+フィルタリング状態の更新
    select()
  21. GoRouterリダイレクト
  22. GoRouter:
    refreshListenable
    引数
  23. 要約

ライセンス:MIT