keda - KEDAは、Kubernetesベースのイベントドリブン自動スケーリングコンポーネントです。Kubernetesで実行されているコンテナにイベントドリブンスケールを提供します

( KEDA is a Kubernetes-based Event Driven Autoscaling component. It provides event driven scale for any container running in Kubernetes )

Created at: 2019-02-13 08:12:33
Language: Go
License: Apache-2.0

Kubernetesベースのイベントドリブン自動スケーリング

メインビルド 毎晩e2e ツイッター

KEDAを使用すると、イベント駆動型のKubernetesワークロードに対してきめ細かい自動スケーリング(ゼロから/ゼロまでを含む)が可能になります。KEDAはKubernetesメトリクスサーバーとして機能し、ユーザーが専用のKubernetesカスタムリソース定義を使用して自動スケーリングルールを定義できるようにします。

KEDAはクラウドとエッジの両方で実行でき、Horizo​​ntal Pod AutoscalerなどのKubernetesコンポーネントとネイティブに統合され、外部依存関係はありません。

私たちはCloudNativeComputing Foundation(CNCF)インキュベーションプロジェクトです。

目次

入門

ここで、さまざまなイベントソースのサンプルをいくつか見つけることができます。

KEDAの導入

Helm、Operator Hub、YAMLファイルなど、KEDAをデプロイする方法はたくさんあります。

ドキュメンテーション

詳細を知りたいですか?keda.shにアクセスしてください。

コミュニティ

KEDAの方向性に貢献したり、参加したりすることに興味がある場合は、コミュニティミーティングに参加できます。詳細については、当社のWebサイトをご覧ください。

KEDAについて学びたい、またはチャットしたいだけですか?Kubernetes Slackの#KEDAでの会話に気軽に参加して ください!

採用者-リストされたKEDAユーザーになりましょう!

KEDAを本番環境で実行しているユーザーを常にリストアップしています。詳細については、こちらをご覧ください。

ガバナンスとポリシー

KEDAのガバナンスについてはこちらで学ぶことができます。

ロードマップ

GitHubの問題を使用して、バックログ、すべての未解決のアイテムの完全な概要、および計画を作成します。

ロードマップの詳細については、こちらをご覧ください。

リリース

最新のリリースはここにあります

貢献

ここで寄稿ガイドを見つけることができます。

ローカルでの構築と展開

KEDAをローカルで構築および展開する方法についてはこちらをご覧ください。